使っているショートカットキー・キーボード操作まとめ

 

どうも、残業を減らしたいちっひーです。

 

私のようなデスクワーカー的立場における仕事の効率化は、PC操作の効率化と言っても過言ではありません。

 

このブログでも以前からちょいちょい「ショートカットキー」について触れています。

 

今日は、今現在自分はどのくらいショートカットを使えているのか?

 

 

とにかく思い出してみる

 

Ctrl +Z(戻る)
Ctrl +X(切り取り?コピーして切り取り?)
Ctrl +C(コピー)
Ctrl +V(貼り付け)
Ctrl +B(太字にする)
Ctrl +N(新規作成、新規ウィンドウ作成など)
Ctrl +A(全選択)
Ctrl +S(保存)
Ctrl +F(検索)
Ctrl +H(置換)
Ctrl +W(ウィンドウを閉じる)
Ctrl +P(印刷)
Ctrl +G(ゲームバー呼び出し)
Ctrl +テンキーの[+](エクスプローラーで全ての列の幅を自動調整。

Shift + Ctrl +V(クリップボードから貼り付け)
Shift + Enter(改行)
Shift + windows + S(スクリーンショット)

windows+1~0(ツールバーに登録したアプリを起動)
windows+E(新しいエクスプローラーウィンドウを表示)

Alt + D(アドレスバーに移動)
Alt + Tab(デスクトップ内で手前に表示するウィンドウ切り替え)

Ctrl + Tab(同じツール内での表示ウィンドウ・表示タブ切り替え。ブラウザのタブや、複数ウィンドウのexcelなど)

Shift + Ctrl + ←or→(仮想デスクトップ移動)

F6(ひらがなに変換)
F7(カタカナに変換)
F8(半角カタカナ?このへん怪しくて毎回適当)

Alt + F4(終了)
Alt + ←(戻る)
Alt + →(進む)
Alt + ↑(上の階層へ移動)

Alt + F(“ファイル”タブを開く。Microsoft Office系ソフト)
Alt + F + A(名前をつけて保存。Microsoft Office系ソフト)
Alt + H(Microsoft Office系ソフトで“ホーム”タブを選択)
Alt + H→F→K(Alt押したまま?順番に押す。エクセルで文字サイズを下げる)
Alt + H→O→I(前述と同様。エクセルで列の幅を文字数に合わせる)
Alt + H→Z→C→A→S(前述同様。Outlookのメールポップアップウィンドウでメール作成時に署名を選ぶ)
Alt + H→E→2→A→S(前述同様。Outlookでメール作成時に署名を選ぶ)
Alt + S(Outlookでメールを送受信)

何も選択しない状態でキーボードを入力することで該当のファイル・フォルダなどを選択する。(例:「Shiryou」というフォルダがデスクトップにある場合、何も選択せずキーボード半角英数で「s」と打つと「Shiryou」が選択される。他に頭文字Sで競合するものがある場合、追加で入力する)

 

windows系で今思い出せるのはこのくらいです。まぁまぁ使えている方ではないかと自負しています。

終わりの方のAlt +キーを複数押す系は、ショートカットというよりコマンド的な感じなので、覚えようと思えば野放図に数を増やすことができます。が、そこまで使わん。

 

 

Google Chromeにもショートカットがあるらしい。

 

意外と知られていない?Google Chromeのショートカットキーを活用して「調べもの」を効率化しよう

 

デフォルトのブラウザをChromeに設定しているので、今後はこちらのショートカットも使い倒して行きたいところ。

「印刷」「検索」は同じですし、ページの拡大縮小はそういえば使っていました。

タブ操作系は強そうですね。

閉じたタブを過去10件に遡って開く「Shift + Ctrl + T」はかなり使えそうです。

ページ更新も欠かせない。

ブックマークバーを操作できるショートカットがあると嬉しいのですが……

 

 

よく使うツールには習熟しておくに越したことはありません。

 

 

0PEOPLE