DTP駆け込み寺より:断裁のズレをごまかす塗り足しの作り方

 

どうも、ニュース巡りのちっひーです。

 

ニュース巡りの一環で、「DTP駆け込み寺」の掲示板を覗きに行くことにしました。

 

DTP駆け込み寺とは?

「DTP駆け込み寺」は、DTP、デザイン、印刷、Macに関する情報交換の場です。

 

 

「DTP駆け込み寺より:」のタイトルで続けていけたらいいなーと思います。

 

 

断裁のズレをごまかす塗り足しの作り方

塗り足しのつくり方について

 

印刷物の断裁工程は、ほぼ確実にズレが起きます。

そのため、「塗り足し」という、断裁ラインよりもはみ出して大きめに印刷することが必要になります。

 

 

 

ただ、断裁のズレを見込まずにデザイン制作がされてしまうということがあります。

 

 

 

これを印刷して断裁したら、「角丸がずれてるんだけど!!」というトラブル発生になってしまいます。

しかし、そもそも無茶なデザイン、無茶な設計です。

そもそもこういうデザインを作ってはいけないんですね。

 

 

しかしその無茶をどうにか押し通そうとしなければならない場合もあります。

納期とか、お客様との関係性とか、色々

 

そうなった際に、なんとかごまかせる塗り足しの作り方が掲示板で話し合われていました。

 

 

でもやっぱりこういうデザインは、印刷物にはやっちゃダメですね。

 

 

 

 

 

 

0PEOPLE