特にクリエイターでもない私がイラレを購入し続ける理由【Adobe Illustrator】

 

どうも、イラレ趣味ユーザーのちっひーです。

 

2年前まで長岡造形大学に行っておりまして、視覚デザイン学科に在籍しておりました。

その時から、授業・制作に必須とのことで

「Adobe creative cloud」(Adobe CC)のサービスを利用していました。

AdobeCCはAdobeのいろいろな制作ツールが使えるサービスです。

例えば

・Adobe Illustrator(イラレ:ベクターイメージの作成)
・Adobe Photoshop(フォトショ:ビットマップイメージの作成)
・Adobe InDesign(インデザ:DTPソフト)
・Adobe Premiere(プレミア:動画編集ソフト)
・Adobe After Effects(アフターエフェクト:モーショングラフィックなどの作成)

こういういろんな制作系ソフトがまとまっているサービスです。

 

大学生の頃は利用するためのライセンスが学校から与えられていたので、

さわってみたいソフトをパソコンにインストールして、好き放題使うことができました。

 

当然ですが卒業後はライセンスの付与がなくなるので、使いたければ自分で購入するしかありません。

 

しかし、AdobeCCの完全版は月額5,000〜6,000円/月。

年間プランは50,000〜60,000円/年。

新社会人の出費としては大きい部類に入ります。

 

 

私は別にクリエイターやアーティストになったわけではないので、使わないまま過ごすこともできました。

しかし、今でも使うソフトの数を絞ることで

出費を抑えながらAdobeのソフトを使っています

その一つが、

Adobe Illustratorです。

 

前置きが長くなりましたが

今日は「特にクリエイターでもない私がイラレを購入し続ける理由」についてです。

 

 

特にクリエイターでもない私がイラレを購入し続ける理由【Adobe Illustrator】

 

他の類似ソフトより使いやすい

イラレはどんなソフトでしょうか?

丸や四角形の図形を描いたり、

画像に文字を入れたりできます。

この程度の用途なら他のソフト

例えばword、power point、Excelでもいいでしょう。

文字を入れるだけならインスタグラムやLINEに搭載の機能を使うのも結構です。

 

しかしイラレは

・画面が整理されている
・描画部分の外側のスペースが広い

こういった特徴があり、使いやすいです。

 

特に私は「描画領域外の広さ」が他のソフトよりも強いところだと思っています。

例えると、大きな机で紙に絵を描くのがイラレ

小さな机で絵を描くのが他のソフトです。(同様の機能を持つ他のソフトはある)

 

 

 

使っている人が多いので、わからないことを調べられる

 

イラレユーザーはとても多いです

すると、使い方がわからない時でも検索すれば答えを見つけることが簡単になります。

(同じ問題にぶつかった人がすでにいる可能性が高いため)

 

これがそこらへんのフリーソフトだと、ユーザー数が少ないので

なかなかヘルプが出てこない、ということがあり得ます。

 

 

 

文字の微調整が可能

実はこれが最も大きい理由かもしれません。

あまりピンとこないかもしれませんが、

イラレに類似したソフト(特にフリーソフト)で

イラレほど「文字」を微調整できるソフトは

かなり少ないのではないでしょうか。

 

文字の微調整とはこんなことです。

 

・漢字とカタカナの違いによる読みにくさを改善 ・アルファベットの形による読みにくさを改善 ・フォントの特性による読みにくさを改善

漢字とカタカナの違いによる読みにくさ、アルファベットの形による読みにくさ、フォントの特性による読みにくさを改善

 

こういう細かい調整が、他のツールだと圧倒的に難しいです。

例えばpower pointでこれをやろうとすれば、

全ての文字を別々のテキストボックスにして

一個一個別々に移動しなければならないでしょう。

 

少しでもこういう調整をすることで、

文字の読みやすさ、スッキリ感、かっこよさが全然違ってきます。

プロでなくても、プロが使う道具を使えば、

出せるクオリティも上がるってなモンです。

 

 

 

 

 

画面がかっこいいい!

最後の理由がおばかっぽいですが、

個人的にはかなり重要なポイントです。

 

とにかくソフトウェアがかっこいい。

 

画面がかっこいい。

 

ツールアイコンが素敵。

 

起動画面が素敵

 

使っていて心地よい道具こそ、使い手が最大限力を発揮できる。

まさにAdobe Illustratorはものづくりのための道具です。

 

 

 

というわけで。

Adobe Illustratorだけなら、月々2,500円程で使用可能です。

昨今のサブスクサービスの金額からすると結構高めに感じますが、

なにかを作る人にとってはかなり良い条件ではないかと思います。

さらに学生であれば月1,000円ほどで使用できます。

 

 

現在私は、Adobe Illustrator と Adobe Photoshop の二つのみ

(厳密にはLight roomというソフトもあるが、私が使えていない)を月額契約で使用しています。

月の支払いは3,500円程

 

それらを使って作っているのは毎日のブログのサムネくらいです。

それだけかよ! と思うかもしれませんが、

毎日サムネを作りながらイイ道具で遊ぶというのが

私にとってかなりリフレッシュになっています

 

 

 

なにか作りたい人で、フリーソフトやオフィスソフトに辟易している方は

ぜひ! 王道のAdobeツールを使ってみてはいかがでしょうか

 

使えば使うほど、面白い世界が広がっています。

 

0PEOPLE