研恒社様のサービス「kaku」で作ったノートが届いた

以前ブログで紹介した、1冊500からノートを作れるサービスで作ったノートが届きました。

 

オリジナルノートを制作するサービス「kaku」で注文したノートの写真

紹介した記事はこちら→多様性の時代で動き出す印刷会社のニュースを2つ。

 

サービスのwebサイトはこちら。「kaku」

 

仕様はこんな感じ。

・サイズ:B5

・表紙の紙:ミランダ(あい)

・本文の紙:アドニスラフ

・罫線:方眼

・綴じ方:無線綴じ

注文したノートの金額が表示されている画像

これで1300円。手数料や送料を含めると合計で1600円でした。

 

最高。1600円でゴリゴリに自分の趣味全開なノートを作成できるのは喜びが溢れんばかり。

 

 

仕様について

仕様の詳細を見てみましょう。

 

表紙の紙:ミランダ(あい)

株式会社竹尾の販売するこの紙は、表面に赤・青・白の微細なガラスフレークが塗布されています。それにより、キラキラと輝くのが特徴の紙です。用紙「ミランダ」の表面の写真

今回は「あい」というカラーを選択。紺色の紙にガラスフレークがキラキラ光り、星空のようです

星空といえば、表紙の紙の選択肢の中には「新星物語」もありました。一回検討しましたが、より細かく輝きそうなミランダに変更しました。弊社にある紙見本を見て判断しました。こういうところで会社パワーを使うことができて楽しいぜエヘヘヘ

 

 

本文の紙:アドニスラフ

これは中質紙という分類に入る紙です。雑に言うと化学パルプの割合と白色度の割合が低い紙を指すらしい。

今回はアドニスラフの中でも比較的白色で、表面のラフ感が心地よいと感じた「アドニスラフ80W」を選択。聞くところによるとこのアドニスラフはデザイナーが好む紙らしい。ならば形からはいるぜ! 私は営業だけどね。

ちなみにこの紙は「印刷用紙サンプルBOOK」で確認して決めました。この本もなかなかにヤバい本。全ページで用紙を変えてるわけですから、かかるコストが甚of大。ありえんすごい。

 

 

本文の方眼

4mm方眼で色はグレーを選んだはず。この方眼のみ、少々やってしまったなという点が残りました。

色が濃いのです。もっと薄くていい! しかし詳細な色や濃度までは指定できないので仕方ない。

本文の罫線を自分でデータ入稿させてくれたら……自分ならプラス1000円までは許容範囲です。ダメかなー

 

 

綴じ方

やっぱりノートなら無線綴じでしょ! という謎の思い込みから。

無線綴じで立派なノートに見えるように、ページ数も最も多くなる選択をしました。たしか120ページ。しかし自分としては160ページほど欲しいなーとか思ったりしたり。ダメか。

 

 

仕様を考えながら作るのめちゃくちゃ楽しい

いくつかもっと極めたい部分もありましたが、今回のノートには非常に満足しています。これが1600円で手に入るのは超安いです。本当にすごいサービスです。このノートが使い終わる頃に、次のノートもこの「kaku」で注文したいです。

 

表紙のミランダはかなりお気に入りになりました。やっぱキラキラ最高ですね。

今度は思い切って「しんく」とかの色にしてガッツリ悪趣味なノートにしてみようかな。

あと本文用紙を書籍用紙の「オペラ」にしようかとも迷ったんですよね。

筆記適正的にアドニスラフの方がいいかと思って変えたんですが、あのうすいクリームな書籍用紙、いいと思います。

 

 

ノートを日常使いする人には是非是非おすすめのサービスです!

 

今日のブログアイキャッチ画像「研恒社様のサービス「kaku」で作ったノートが届いた」

0PEOPLE