ショートカットキーの使用は「一度効率が落ちることを覚悟」してね

ショートカットキーの使用で心がけることは「一度効率が落ちることを覚悟する」じゃないかと思う今日この頃です。

 

パソコンでの作業を効率化するショートカットキー。覚えて使う頻度が増えるほど作業の効率が上がる

ように思うのですが実はそうでない瞬間があります。

 

そのショートカットキーを知った瞬間〜意識せずに使えるようになるまでです。

 

まず、ショートカットの使用が頭に浮かんでどんな操作だったか思い出します。

次に、マウスで操作するか、ショートカットを使用するか迷います。

そして、慣れない位置に手を伸ばしショートカットを入力します。

 

最初のうちはこの3工程を逐一踏むので、慣れないショートカットを使用すると慣れたマウス操作に比べて劣るケースがあります。

 

ショートカットで効率化をするには、それでも結局「とにかく使う」ことです。とにかく使って意識せずに出てくるようになるまで慣れるしかありません。習い事の反復練習と同じですね。

 

「ショートカットキーが作業を効率化する」と日々言ってる自覚があるので、こういう点も言わなきゃいけないなと思った今日この頃です。

 

0PEOPLE