有線接続、ケーブルまみれ、混雑した配線を整えるロマン

配線だらけにしたいロマン、分かりますか?

どうも。夢はPC周辺環境を配線だらけにしかつそれをスマートに整理すること。夢見る配線工ちっひーです。

配線、いいですよね。マシンから伸びた線が別のマシンをつなぐ。あるいは人が身に着けるデバイスとマシンを接続する。攻殻機動隊の有線接続やマトリックスのジャックイン(レボリューションズでネオがデウス・エクス・マキナによってマトリックス内部に接続されるときにやった、接続本数のおおいやつね)、あるいはAKIRAで力の制御ができなくなりつつある鉄雄が作り出した機械の腕。うーんすばらしい。

配線の妙とはやはり「線」でしょう。「マインクラフト」で街を作ろうとする人たち、分かりません? 拠点と拠点を結ぶ線を作り上げた時それまでにない快適さと征服欲から来る幸福感。最初は明かりのない危険地帯だった丘の向こうや森の中が、道という線によって安全に勘弁に移動できるようになる喜び・征服した興奮。

配線を組み立てるのもきっとそれに近いんじゃないですかね。最初は孤立していたマシンとマシンが繋がって便利な機能を生み出し、それらの線を整理することで便利かつ美しいデスクが作り上げられる。デスクを征服した自分の行為に対する満足感。たまらん。

あぁ、無線? まぁWi-FiとかBluetoothとか、一般人に利用可能な無線規格は十分便利な領域に達していると思いますよ。かくいう私もBluetoothイヤホンもってますし、スマホは当然の如くWi-fiに接続してますし。Twitterで見かけたインドの学生の話を真似て、飲み会のとき遠くにいる人とグラスを合わせるのが面倒合わせられない時は「Bluetoothで!」とか言ってますからね。

でもやっぱ無線はビジュアルが不足してるんですよね~~~。こう、つながっているという確かな実感がないんですよ。相互に連携し大きな力を生んでいる感覚が生まれにくい。理解すればいいですけど、理解しなければ同一のLAN上でつながっている他のマシンのこととか想像もつかないですよね。自分もそのあたり詳しくないのでばかがバレる前にこの話はやめよう。

ともかく、有線接続で混み合ったケーブルをきれいにまとめ上げたデスクはいいよねっていう話です。

0PEOPLE