【word】行間(行送り)を設定する方法と、読みやすい行間の数値について

私の嫌いなものは冷えた味噌汁、角に亀裂の入った消しゴム、そして

 

行間の詰まりすぎた文章です。

 

 

 

ご覧くださいこの有り様を。

こういう劣悪な行間を世の中からなくすことこそ正義だとは思いませんか。(それは言い過ぎ)

 

wordにおける行間設定の方法

このようなマークがあります。wordでの行間設定を行う機能のボタンです。

それをクリック。

するとプルダウンメニューが出てきます。

 

 

ここで1.0とか1.5といった数値を選んでも行間が変わるには変わるのですが、おそらく面倒なことになるだけです。(やたら行間が広がる)

そこで「行間のオプション」をクリック。

 

 

次に出てくる画面での行間を詳細に設定できます。

 

 

読みやすい行間とは

文章の体裁とは闇雲に変えればいいものではありません。なにか目的があり、その目的を達成するために行間、文字の大きさ、フォント選びなどを行うのです。ここではその目的を「文章を読みやすくする」と設定します。

 

読みやすい行間の幅は、文字サイズの1.75倍と言われています。(それ以外が全て読みにくいワケではありません)

 

ちなみに行間を設定する際、DTP的には「行送り」を設定します。

行送りは行+行間の幅を指します。

DTPより前の言葉で、「行送りは二分四分」という基準があったそうです。

 

すなわち二分四分の行送りとは、行幅(文字サイズ)+50%+25%=文字サイズの175%、となります。

 

この175%という数値を基準に、最後はあなたが「この文章をどうしたいか」で調整してください。時にはさらにゆったりとした行送り、時には緊迫感や難解さを出すために窮屈な行送り、など。

 

基準を知ったならば、そこから先の判断もまた可能なのです。

 

最後に、行送りパターン別のサンプルテキストを画像でお見せし、この記事を終わります。

 

 

行送り175%(文字12pt、行送り数値21pt)

 

 

 

行送り100%(文字12pt、行送り数値12pt)

 

 

行送り200%(文字12pt、行送り数値24pt)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

行送り0%(文字12pt、行送り数値0pt)

 

 

0PEOPLE