幸せになるために「セロトニン」「オキシトシン」「ドーパミン」を生み出そう。

先日、あるときに「新潟は自殺率が高い」という話をしました。

そのほかにも幸福度がどうのこうのという話もしました。

 

どうやったら幸せになれるのかという問いに対する自分なりの一つの答えが

「科学を信じろ」です。

いや何言ってんだこいつって思われるので解説します。

 

人間の感情は脳の働きで生まれます。

脳は細胞同士がなにかしらの物質を媒介し情報をやりとりするマシンです。

これらはすべて人間が観測できる物質世界での出来事です。

なので、幸せが足りていない時は、それを供給する物質が足りていない、ということになります。

 

 

では具体的にどんな物質が必要なのか?こちらの記事で詳細に解説してあります。

ココロとカラダに幸せホルモンのご褒美を 分泌に大事な食事や腸について知ろう

 

3つあります。

・セロトニン

・オキシトシン

・ドーパミン

 

セロトニンは神経伝達物質の一つです。自律神経を整えているらしいです。

これが不足すると不眠や鬱になる可能性があります。

セロトニンは「トリプトファン」が原料ですが、それは体内で合成できない必須アミノ酸と呼ばれるものの一つです。

ですから、トリプトファンを食事で体内に取り込む必要があります。

推奨されるのは、大豆、乳製品です。

 

 

オキシトシンは「恋愛ホルモン」「思いやりホルモン」などとも呼ばれるホルモンです。

これは幸福感を与えたり、不安を和らげる効果があるとされています。

これを増やすには「人にとスキンシップする」「人に優しくする」ことが有効とされています。

ちなみに私の好きなゲーム「DEATH STRANDING(デス・ストランディング)」でもこのオキシトシンが登場します。

NPCや他のプレイヤーに役立つ行動をすると「いいね!」がもらえる / 他人の行動に「いいね!」を送れるようになっていて 、その快感が次の行動への欲求につながっています。

 

ドーパミンは、「やる気」に関与するホルモンです。

不足すると、無関心・無感動・作業能力の低下などを引き起こします。

これを増やすには、チーズをはじめとする乳製品、あと大豆食品が推奨されます。

また、「小さな目標をたて、達成していく」というのが効果的だそうです。

ちなみに先ほどDEATH STRANDINGの話をしたのですが、FPSなどシューター系は「ドーパミン型」のゲームではないかと

分析し、noteに書いている方がいらっしゃいました。参考になりましたので紹介します。

デス=ストランディングの話。ドーパミン型ゲームとオキシトシン型ゲーム。

 

 

 

このような方法で幸せを作り出すことができます。

心身ともに健康でありたいものですね。

 

 

0PEOPLE