わたしの「図」を紹介していきます。(1)

私がアイキャッチ画像や本文中の画像に入れているこういった画像

あわわ

私はこれを「図」と言っています。

 

自己紹介の記事でも書いたのですが、図とは。

個人的な趣味というかなんというかわかりませんが、図というものを描いています。グラフとかレーダーチャートといった図ではなく、どちらかというとポンチ絵に等しいものです。自分がノートやメモ紙に何かを「図解」するために始めたので、図と呼んでいます。ーーー(初投稿です、自己紹介します!より)

です。

図を描くことは大学生の頃に始めました。(というかそういう風に定義してやり始めたのが大学生の時)

今日は、大学の時に描いたものを少し紹介していきます。

 

「デザインがコンセプトを離れて暴走していく図」

 

これが一番最初の「図」です。左の「工夫」は若干おかしいと思うのですが……

授業中にメモの端にこれを描いたのが最初でした。

 

そのあと少し、「デザインくん」というシリーズを描きました。↑の右側にいる謎の生き物がデザインくんです。

「デザインで劣等感を感じる時の図」

 

大きなデザインくんを飼い慣らせる人もいれば、小さなデザインくんを引き回すことしかできない人もいるっていう感じで描きました。

 

軸からズレていくデザインくんの図

 

最初に決めた軸からどんどずれてしまっています。しかも、ずれた先で新たな自我を持ったデザインくんが生まれてしまっています。

 

ごめんねデザインくん

 

グロテスクです。

デザインをうまくできず、支離滅裂で誰の得にもならないデザインをしてしまった心情を表しました。

大学の時はかなり周囲との差や劣等感といったものに悩まされながらやっていました。

そのあと、「図」の毛色が変わります。

 

 

 

「図」とタイトルでいう縛りを考えず、ギャグみたいなことをやっていました。

これが大学3年の冬〜4年の夏あたりです。

 

もっと紹介したいのですが、量が多いので、続きはまた別の回にご紹介したいと思います。

というかちゃんとまとまったアーカイブが作りたいですね。

 

 

0PEOPLE